スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚染コンクリ首都圏直撃

2012年01月20日10時00分

提供:ゲンダイネット


<道路工事のたび放射能を気にするハメに>

 放射能汚染コンクリート問題が拡大の一途だ。福島・二本松市の新築マンションは、あくまで氷山の一角。すでに首都圏まで流通していると見るのが妥当である。

 汚染コンクリ材料の砕石を出荷したのは、「双葉砕石工業」(富岡町)。保管先の浪江町が計画的避難区域に指定された昨年4月22日まで、約5200トンを県内の計19社に出荷していた。

 出荷先のひとつ、「あだたら生コン」(二本松市)が問題のマンションの基礎部分を製造。双葉砕工は別の生コン1社とも取引があり、この2社を通じてだけでも、県内約200社の建設会社などに汚染コンクリが出回ったとみられる。

「生コン業者は、加盟組合ごとに販売網が区切られており、汚染された生コンの流通は県内の一部地域に限られます。むしろ怖いのは、生コン以外に加工されたケース。住宅塀に使うコンクリートブロックなどは、全国の広い範囲に流通しています」(福島県内の砕石業者)

 問題を受け、政府は避難区域全体で取れた砕石の流通ルートの調査に追われているが、その作業は困難を極める。

 問題の砕石は、浪江町の採石場の屋外で保管されていた。浪江町は県内有数の採石場で、双葉砕工以外にも同業十数社が同じ現場で砕石を保管。採石場は近隣にも多数点在し、避難区域に保管庫を構える業者は30社以上に上る。さらに取引先はネズミ講のように無数に枝分かれするのだ。

 しかも、民間の信用調査機関のデータによれば、都内に本社を構える取引先がゴロゴロと出てくるのである。

「浪江町では質の高い御影石が採れます。御影石は高級マンションのキッチンや洗面所、バスルームのほか、リビングやエントランスの床にも用いられます。原発事故以降、首都圏の新築マンションに知らずに汚染された石材が紛れ込んでいたって不思議ではない」(ディベロッパー関係者)

“汚染石”は、道路舗装のアスファルトにも使われている。今後は近所で道路工事が始まるたび、汚染を気にしなければいけないのか。双葉砕工の役員は「行政などから指導があれば出荷はしなかった」と“恨み節”を口にしていたが、つくづく政府の怠慢は万死に値する。

(日刊ゲンダイ2012年1月17日掲載)

livedoorニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/6207176/
スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

放射性物質で汚染されたコンクリート、福島の河川護岸工事でも使用…高線量

汚染コンクリ、福島の河川護岸工事でも高線量

 福島県二本松市の新築マンションに放射性物質に汚染されたコンクリートが使われていた問題で、県は19日、コンクリート材料を供給した「双葉砕石工業」(本社・富岡町)の砕石を使った県発注の河川護岸工事1か所で、周辺より高い放射線量が検出されたことを明らかにした。




 県によると、本宮市内を流れる五百川の護岸工事で、コンクリートから1メートル離れた地点で測った線量が毎時1・0マイクロ・シーベルトと、周辺(毎時0・3~0・4マイクロ・シーベルト)に比べて高かった。県はこれまで、震災後に工事が行われた護岸や県道、県営住宅など計10か所を調べたが、他に線量が高い場所はなかったという。

 また、県は、浪江町の同社採石場など、警戒区域や計画的避難区域内などにある採石場25か所と、砂利の採取場所3か所で20日以降現地調査を行うことを決めた。職員が砕石を採取して放射性物質を分析したり、現場の空間線量を測定したりする。

(2012年1月19日20時54分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120119-OYT1T00955.htm

一般住宅にも汚染石、悲鳴の住民「こりごり」 福島・二本松のマンションと同じ材料

一般住宅にも汚染石、悲鳴の住民「こりごり」 福島・二本松のマンションと同じ材料
2012.1.17 00:47 (1/2ページ)

 福島県二本松市内のマンション1階の室内から、屋外より高い放射線量が測定された問題で、同じ材料のコンクリートが一般住宅などでも使われていることが16日、生コンクリート業者の話で分かった。この材料を使った用水路からも、比較的高い放射線量が測定された。また、経済産業省が最初の報告を昨年末に受けていたことも明らかになった。

 砕石会社「双葉砕石工業」によると、昨年3月の原発事故後から同4月22日にかけて、石約5280トンを県内の19社に出荷した。問題のマンション基礎部分のコンクリートと同じコンクリートを使った二本松市内の農業用水路で、毎時1・62~1・97マイクロシーベルトが測定された。

 生コン業者によると、福島県二本松市周辺の戸建て住宅で、土台に同じ石を使った生コンを使用。別の生コン業者もマンション以外に県内の一般住宅で使用したという。市内の小学校に隣接する道路でもこの砕石が使われていた。

 また、経産省によると、このマンションをめぐっては昨年12月28日、二本松市から、市の調査でマンション1階の住民の被曝(ひばく)線量が高いとメールで相談があった。しかし2階部分は放射線量が高くなく、同省はコンクリートが原因であると結論は出さなかった。

 年明け5日ごろに、同市などの調査で砕石が原因の可能性が高まり、6日ごろに再び同市から経産省に報告があった。このため同省は、連休明けの10日から詳しい調査に乗り出したという。

   ◇

 高い放射線量が検出された新築マンションでは、1階住民を中心に移転先を探す動きが出始めた。住民の中には、一部が警戒区域などにかかる浪江町や南相馬市から避難している家族もいる。「もうこりごりだ」「寝耳に水」。動揺と憤りが交錯した。

 管理会社によると、マンションには、全12世帯が居住。2階に住む、主婦の山崎ひろ子さん(63)は中学3年と小学5年の孫娘2人らと浪江町から避難してきた。孫には、外出時にマスクをさせてきた。

 山崎さんは「(線量が)高いと分かった時点ですぐに教えてほしかった。(孫娘らの)健康に影響がないか不安だ」と動揺を隠せない。

 また、同じ浪江町から家族で避難してきた住民の男性会社員(33)も「せっかく避難してきたのに、また放射能に苦しむなんてこりごりだ」とやりきれない表情を見せた。

 管理会社によると、高い線量が計測された土台に近い1階に住む幼い子供を持つ家族が移転を決意。同社と二本松市で連携しながら移転先を見つけ、近日中に引っ越すという。

 また、他家族にも希望者がいるが、移転先確保は難航しそうだ。二本松は原発事故で大量の避難者が流入してきた地域で、賃貸住宅の空きがない状態が続いているという。

msn産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120117/trd12011700530000-n1.htm

一般住宅にも被害が出てきているようです。
コンクリートさまざまな所に使われているので当然です。
同じ石を骨材として使用した生コン業者は19社もあり
今後さらに被害が広がっていくでしょう。

福島のみならず関東近県でも下水汚泥をコンクリートに混ぜています。
このあたりの放射線数値も気になります。

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

<高線量建築資材>砕石の出荷先 200社以上か


毎日新聞 1月16日(月)12時19分配信

 福島県二本松市の新築マンションから高い放射線量が検出された問題で16日、汚染された建築資材の砕石の流通の確認作業が本格化した。経済産業省と国土交通省、県などが業者からの聞き取りなどを行っているが、出荷先は200社以上に及ぶとみられ、使用されたのはマンションや橋などのほか、仮設住宅が含まれる可能性もあるという。関係者からは「対応が遅れて全国に広がった『稲わら問題』と同じ構図だ」と怒りの声も出ている。

 「高線量」の原因とされるコンクリート原料の砕石は、計画的避難区域の同県浪江町津島地区で保管されていた。国交省や同市などによると、原発事故から同区域に指定された昨年4月22日までに、砕石業者から県内19社に5200トン出荷された。このうち2社は生コン業者、17社は建設業者で、この先さらに、計200社以上の建設関連業者に納入されているという。

 福島県は、16日午前の部長会議で、国や同市と連携しながら同様事例が他にもないかを調べるなど対応を急ぐことを確認した。(1)住民の転居などの安全確保(2)汚染原因の特定(3)類似の事例がないかの確認--を部局横断的に進める方針。

 原発事故後、汚泥やがれきの再利用については基準が定められたが、コンクリート用の砕石には基準はないままだった。砕石業者を所管する経産省は昨年5月に現地の状況を調べたが、「事業者は避難して出荷していない」との回答を受け、特段の措置は取らなかったという。今回の問題発覚を受け、福島県内の国の相談窓口には、対応の遅れを指摘する電話が次々と入ったという。

 専門家からは、原発事故当時に屋外にあった稲わらの流通を食い止められなかった問題との類似性を指摘する声も。

 近畿大の山崎秀夫教授(環境解析学)は「構図は全く同じだ。採石場は計画的避難区域にあり、国にとっては想定の範囲内で起こっていること。砕石を含め物流がどう動いているか思いが及ばないのが歯がゆい。気の毒なのは砕石業者で、出荷時点で汚染に気づくことは不可能なため、その責任を問われるのはおかしい。国の対策は全て後手に回っており、現場にしわ寄せがきている」と話した。

yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120116-00000025-mai-soci

一度建ててしまった建造物はそう簡単に壊せません。
新築の我が家で生活しながら被曝するとか最悪です。

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

放射能コンクリ、なんと100社超に出荷か…社長「『何で放射能で住んじゃダメなの』と思ってた。行政の指導もなかった」

汚染コンクリ、100社以上に出荷の疑い

読売新聞 1月16日(月)11時26分配信

 福島県二本松市の新築マンションに放射性物質に汚染されたコンクリートが使われていた問題で、原料になった同じ砕石が、県内の生コン会社2社を通じ、建設会社など100社以上にコンクリートとして出荷された疑いのあることが、経済産業省の聞き取り調査で分かった。

 同省が出荷先の特定を進めている。

 砕石は、富岡町の採掘会社が浪江町の阿武隈事業所の採石場で採ったもので、採掘会社の社長(50)は16日朝、郡山市内の事業所で記者会見し、生コン会社以外にも、建設会社など17社に出荷していたことを明らかにした。一部は、県内の農場やゴルフ場などで土木工事に使用されているという。昨年4月11日に計画的避難区域の設定が政府から発表された後も砕石の出荷を続けたことについて、社長は「放射能に関する知識がなく、正直『何で住んじゃいけないの』という程度の感覚だった」と釈明した。.

最終更新:1月16日(月)11時26分

yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120116-00000407-yom-soci

テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

楽天オススメ

プロフィール

tam2010

Author:tam2010
FC2ブログへようこそ!

電力使用状況&電気予報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
有害物質を吸着!放射性ヨウ素などの対策に
放射能測定器専門店
オススメ
amazonタグクラウド

Amazon タグクラウド by ajaxblogparts requires Flash Player 9 or better.

+1
google
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ガイガーカウンター
放射能対策
被爆対策にヨウ素剤
もしもの時の為に備えを
お勧め対策グッズ
リンク
キーワードクラウド

人気ブログランキングへ
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ --> 結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。