スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第1原発1号機地下に大量の水 炉心から漏れた可能性

経済産業省原子力安全・保安院は14日、福島第1原発1号機の原子炉建屋地下に、
深さ4メートル超とみられる大量の水がたまっているのが見つかったと発表した。
1号機は燃料溶融で圧力容器に穴が開いて炉心への注水が漏れているとみられ、
これが流れ込んだ可能性があると保安院はみている。

一方、原子炉建屋1階では毎時2千ミリシーベルトと放射線量が極めて高い場所も確認。
格納容器を水で満たして燃料を冷やす工程表の作業への影響は必至。
冷却システム構築に向けた建屋内の作業の妨げになる恐れもある。

東京電力の調査で作業員が確認。水の流入経路は不明だが、地下では西側から東側への
水の流れが見られたという。東電は14日、1号機用の空冷式の冷却装置2台を配管でつなぎ、
熱交換器や配管の設置場所を確認。これまで見つかっている汚染水の浄化設備も搬入した。
3号機では引き続き注水経路の切り替えを進めた。

産経ニュース 2011.5.14 20:04
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110514/scn11051420080005-n1.htm

破損した原子炉から冷却水が下に漏れ落ちていたと言う至極まっとうな話です、
なぜこんな事にも想像力が働かないのか不思議です。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

楽天オススメ

プロフィール

tam2010

Author:tam2010
FC2ブログへようこそ!

電力使用状況&電気予報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
有害物質を吸着!放射性ヨウ素などの対策に
放射能測定器専門店
オススメ
amazonタグクラウド

Amazon タグクラウド by ajaxblogparts requires Flash Player 9 or better.

+1
google
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ガイガーカウンター
放射能対策
被爆対策にヨウ素剤
もしもの時の為に備えを
お勧め対策グッズ
リンク
キーワードクラウド

人気ブログランキングへ
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ --> 結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。