スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セシウム3日で90倍 一昨年汚染水漏出近くの井戸


東京電力は九日、福島第一原発2号機の取水口近くの汚染監視用の井戸で、八日に採取した地下水から一リットル当たり二万七〇〇〇ベクレルの放射性セシウムが検出されたことを明らかにした。五日に同じ場所で採取した分に比べて、濃度は九十倍近くに上昇した。

 これまでは、周辺の地下水も含め、セシウムはほとんど検出されていなかった。建屋地下やトレンチ(地下のトンネル)にたまる高濃度汚染水による汚染が拡大している可能性が高まった。

 今回の検出場所は、一昨年四月に海に大量の高濃度汚染水が流出して大きな問題になった取水口近くのピット(立て坑)から、建屋側に九メートルの場所に新しく掘られた井戸。

 五日採取の水からストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が九〇万ベクレル検出されたが、その際、セシウムの値は三〇九ベクレル止まりだった。しかし、八日採取の水からはストロンチウムなどが八九万ベクレルと依然として高い水準で検出された上、セシウム134が九〇〇〇ベクレル、同137が一万八〇〇〇ベクレルの計二万七〇〇〇ベクレルを検出した。

 東電はこれまで、一昨年に漏れた高濃度汚染水の一部が土壌中に残り、そこに含まれるセシウムが土の粒子と結合して土に残り、ストロンチウムなどは地下水に押し出されて井戸に出てきた可能性が高いとの見方を示してきた。

 しかし、セシウムがこれまでよりはるかに高い値で検出されたことで、タービン建屋地下やそこにつながるトレンチから高濃度汚染水が漏れている可能性が高くなった。東電は海に近い部分を土壌改良し、海への汚染拡大を防ぐ対策を進めているが、より監視を強化する必要がある。
◆海洋影響は不明

<東京電力の話> セシウムが三日間で上昇した原因を分析中。今のところ、海への影響は分からない。

PK2013070902100177_size0.jpg

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013070902000268.html

一昨年前に漏れ出たものとは違うようです。とんどん地下に浸透しているんでしょうね
スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

楽天オススメ

プロフィール

tam2010

Author:tam2010
FC2ブログへようこそ!

電力使用状況&電気予報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
有害物質を吸着!放射性ヨウ素などの対策に
放射能測定器専門店
オススメ
amazonタグクラウド

Amazon タグクラウド by ajaxblogparts requires Flash Player 9 or better.

+1
google
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ガイガーカウンター
放射能対策
被爆対策にヨウ素剤
もしもの時の為に備えを
お勧め対策グッズ
リンク
キーワードクラウド

人気ブログランキングへ
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ --> 結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。