スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第1、汚染雨水のポンプ増設へ 大雨のたび外洋流出

東京電力福島第1原発で、放射性物質に汚染された水が大雨が降るたびに排水路を通じて外洋(港湾外)へ流出し、地元の懸念を増幅させている。排水路を港湾内へ付け替える工事を実施中だが、完成は来年春ごろ。東電は、今月内に排水路の上流側にポンプを増設して雨水をくみ上げる対策に乗り出した。

 汚染雨水が流れ出ているのは、1~4号機の西側を通る「K排水路」。今年2月に、汚染雨水が外洋へ流出しているにもかかわらず、約9カ月間公表せずに強い批判を浴びた場所だ。

 問題発覚後、東電はK排水路から、港湾内へつながる「C排水路」につなげる工事に着手した。港湾内であれば水中カーテンなどで放射性物質の外洋への拡散を防ぐ措置が講じられている。

 ただ、工事現場は急斜面で場所が狭く、完成には時間がかかるという。

 それまでの応急措置として、K排水路の排水口付近に仮設ポンプを8台置いた。フル稼働させれば、毎時14ミリの降雨に対応できるとし、年間降水量を試算したところ、当初は年4~5回の流出を想定していた。

 ところが、ポンプのくみ上げ能力を超える大雨が降ったり、故障もあったりして、4月以降の半年間で、計9回の流出を確認。9月の東日本豪雨でも2回流出した。排水路出口付近の水からはセシウム137が1リットル当たり550ベクレル(法令基準値同90ベクレル)検出された。

 福島県は再三、早急な対策を要請していたが、東電は「ポンプの増設は不可能」と回答。その後の検討の結果、K排水路につながる山側で新設予定の排水路で、ポンプの設置が可能と判断した。今月中にも水をくみ上げて構内の別の排水路に移送することを検討している。

 問題は、汚染雨水の取り扱いについての法的根拠がないことだ。原子力規制庁は「雨水の排出基準はなく、対応しようとすれば法律を変える必要がある」と説明している。


産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151012-00000043-san-soci

この間の台風でもさんざんお漏らししたんでしょうね。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽天オススメ

プロフィール

tam2010

Author:tam2010
FC2ブログへようこそ!

電力使用状況&電気予報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
有害物質を吸着!放射性ヨウ素などの対策に
放射能測定器専門店
オススメ
amazonタグクラウド

Amazon タグクラウド by ajaxblogparts requires Flash Player 9 or better.

+1
google
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ガイガーカウンター
放射能対策
被爆対策にヨウ素剤
もしもの時の為に備えを
お勧め対策グッズ
リンク
キーワードクラウド

人気ブログランキングへ
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ --> 結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。