スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子炉建屋、6月に遮蔽カバー設置工事

原子炉建屋、6月に遮蔽カバー設置工事

 東京電力は12日、爆発で損壊した福島第1原発の原子炉建屋を覆う遮蔽カバーの工事に6月に着手することを決めた。台風や余震にも耐えられるよう、鉄骨の枠組みに合成強化シートを張り付けた構造物を、大型クレーンで建屋の上からかぶせる。放射性物質(放射能)の拡散を抑えるのが狙いだが、専門家からは「効果は限定的でリスクが大きい」との慎重論も根強い。

 東電が採用する遮蔽カバーは、高さ約50メートルの建屋をすっぽりと覆うもの。シートは化学繊維などを樹脂でコーティングした半透明の膜を採用する。1~2カ月かけて1、3、4号機で作業を進める。

 水素がカバー構造物内にたまって爆発が起きないよう、天井部に開口部をつくり、ポンプ車による放水もできるようにする。東電は「放射性物質の拡散だけでなく、雨による水たまりも防げ、建屋内の作業性が改善できる」と話す。

 一方、宮崎慶次大阪大名誉教授(原子力工学)は「水素爆発が再び起きたり、蒸気がこもって作業環境がかえって悪くなったりする懸念がある。原子炉などの冷却ができてからでいいのではないか」と指摘している。

産経ニュース 2011.5.13 01:23
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110513/dst11051301260002-n1.htm

かねてから構想があった原子炉建屋のカバー設置が実現の運びとなりそうです。
効果や復旧作業の妨げになるなどの懸念はあるでしょうが、放射性物質の飛散防止に一定の効果が
あるのではないでしょうか。



 福島第1原発1号機の原子炉建屋全体を覆うカバーのイメージ図(東京電力提供)
photo.jpg


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

楽天オススメ

プロフィール

tam2010

Author:tam2010
FC2ブログへようこそ!

電力使用状況&電気予報
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
有害物質を吸着!放射性ヨウ素などの対策に
放射能測定器専門店
オススメ
amazonタグクラウド

Amazon タグクラウド by ajaxblogparts requires Flash Player 9 or better.

+1
google
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ガイガーカウンター
放射能対策
被爆対策にヨウ素剤
もしもの時の為に備えを
お勧め対策グッズ
リンク
キーワードクラウド

人気ブログランキングへ
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ --> 結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。